最近のトラックバック

« スープカレー | トップページ | 実家にお泊まり♪ »

2006/02/09

出産-1

33週を過ぎると、先生は「どう?もうそろそろ限界?」って毎日、聞いてた。
「もう限界」とか言いつつ、「12月まで粘ろうかな?」っていう気持ちがあったのも事実。
だって、12月産まれってなんだか素敵でしょ?
でも、妹も予定日が近づいてたから、ダブっちゃうと実母が大変だし。
ココまでくると、もう私の気持ち次第なんだよね。お腹に長く置いておくにこしたことはないけれど、入院当初の事を思えば、ここまでもったのは本当に凄いことだし、私の体力も心配してたの、先生は。なんせ、1ヶ月以上寝たきりで、歩けなくて、出産後はリハビリが必要だと言われていたから。
結局、「もう産んでもいいです」って、先生に伝えたのが、実際に出産した、前の週くらいだったかな?11月中旬の事。
チビ達による胃の圧迫も限界に近づいていたし、そろそろ入院生活も飽きてきてたし(笑)
(この時は、出産後1ヶ月近くも入院するとは想像してなかったんだよね)
でも、ハイリスク出産なので、週末には向かいたくない(先生や看護師さんの数が減ってしまうから、万全の体制で望めなくなるので)との事で、「月曜日にしよう!」と言われ、もうしばらく妊婦生活継続になった。1日でも長くお腹にいるのはいい事なんだけど、気分は明日!みたいな感じだったので、ちょっと拍子抜けしちゃった(笑)
で、いよいよ、当日、11/29(月曜日)。エコーしたら、上にいたT(♂)が頭位になっているじゃないの!!この子は動きが激しくて、(羊水を抜いたにもかかわらず、まだRよりは多かったのもあると思う)横位になってることがほとんどだったので、帝王切開でということで話は進んでたの。でも、先生が「体重もこれだけあれば、大丈夫だから、下から行こう!産後、その方が楽だし。。。」って。(この時、あんな産後が待っているとは思ってもいなかった私)「ヒョエー、心の準備が全く出来てない。痛いのいやだぁ!」って感じだった。でも、しょうがないよね~。頑張ることにしました。そしたら、先生ってば、点滴をいきなり切っちゃったの\(◎o◎)/!9:00頃の出来事。
切ってしまったら、いつ生まれるか分からないから、急いで、主人と実家に電話。2時間後には来てくれたよ。そりゃ、急ぐよ(笑)だって、私や、家族、看護師さんは、点滴を徐々に減らしていくと思っていたのに、いきなりなんだもん。あっけないもんです(笑)
お昼くらいまでは平気でいたんだけど、段々辛くなってきて、分娩室に移動。でも、まだまだ序の口で、そこから結構長かった。最初の頃は余裕で、分娩室じっくり見てたし(笑)看護師さん達とも余裕で話してたし。主人と、実母とも話してた。
夕方になるとかなりきつくなってきて、呼吸も苦しくなって、酸素を吸入。半端な痛みじゃないね、陣痛って・・・
本当に点滴で陣痛を止めてたっていうのを実感。すごいわ、薬の力って。。。
先生も何度か診てくれたんだけど、Rが下りてこないらしい。入院中は、いつも手に触るって先生は言っていたのに、今思えば、その位置では駄目なの??って感じだけど、その時は痛くてそれど頃じゃなかった(笑)「もう切ってくれていいです!!」って何度も叫んでたもん。先生も、主人と実母には「緊急帝王切開になるかも?」って話をしていたくらい、ちょっと緊迫。

« スープカレー | トップページ | 実家にお泊まり♪ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出産-1:

« スープカレー | トップページ | 実家にお泊まり♪ »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ